• ホーム
  • 降圧剤の誤った服用方法がとても危険

降圧剤の誤った服用方法がとても危険

葉の上にあるカプセルと瓶

高血圧の状態がある程度、進行していて、それを改善するために、あるいはその状態からの合併症発症のリスクを低減させるために処方されるのが降圧薬です。
降圧薬には様々な種類がありますが、いずれも本来であれば自然に保たれる、あるいは調整されるはずの血圧を、薬の作用によって強制的に保つ、調整すると言う役割を持っています。
そのため服用方法などを誤ると、予期せぬ副作用などに見舞われる可能性も否定できません。
まず、降圧剤の効果が感じられない、血圧の数値がいつまで経っても下がらないままだからと言って、一度に、大量の降圧剤を飲むと言うことです。
この場合は、急激に、しかも大幅に血圧が低下してしまいます。
低血圧の状態は高血圧に比べれば危険は少ないと思われている方も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。
低血圧状態はめまいや頭痛、倦怠感を引き起こしますし、更にその程度が危険水域にまで達すると、腎機能障害や意識消失を招く恐れもあります。
ですから服用は必ず、決められた用法、用量を厳守する必要があります。
また降圧剤をグレープフルーツなどの、柑橘系の果汁が使用されたジュースで服用するのも危険です。
これは特にカルシウム拮抗薬に関して強く言えることで、もしそうしてしまった場合、薬の効き目が強く出てきて、やはり血圧が下がり過ぎてしまう可能性もあります。
それから降圧剤の服用を自己判断で止めてしまうのも危険です。
高血圧を予防、改善する必要性は一時的なものではなく、生涯にわたり存在するものです。
ですから、1度や2度、血圧の数値が下がったからと言って高血圧が完治したと認識するのは大きな過ちであり、そこで降圧剤を中断してしまうと、知らぬ間に高血圧状態が悪化してしまうことにもつながりかねません。
ですから、必ず医師の指示に従うことを基本とした上で、効果や副作用について不安がある場合も、医師に相談するようにして下さい。